墓画像

年忌法要や彼岸の際は

近しい人が亡くなると、仏式においては葬式が終わった後、故人の冥福を祈るため法要を行います。
なくなってから四十九日までは七日に一度法要を行うのが、基本ですが、大分簡略化が進み、告別式が終わってから、百ヶ日法要をまとめて行うのが一般的となっています。
百ヶ日法要は、死後最大の供養とされ、遺族にとっては心の整理をつける法要とされています。
死後から四十九日まで、七回を合わせて七仏といいます。
百ヶ日、1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、33回忌を合わせて六仏といいます。
全部合わせて十三仏を年忌法要といい、これで亡くなった人は解脱して極楽浄土へ行けるのだというのが、仏教の考え方です。
塔婆法要は、この年忌法要と毎年の彼岸にお墓に立てるものとされています。
塔婆とは、正式には卒塔婆といい、インド語源のストゥーバの当て字です。
これは、お釈迦様が入滅した際に、その遺骨を供養するために塔を建てましたが、その塔が、やがて五重塔や三重塔となり、五輪塔となり、ついには現在の板塔婆の姿に変化したものとされています。
五という数字は、世界の五代物質を表しているとされ、空、海、火、水、地のことを表しているそうです。
これは現在の板塔婆ににも残っていて、梵字で書くこととなっています


続いて、塔婆供養のやり方ですが、祭祀の主宰者が、年忌法要を行う日取りを菩提寺と調整します。
法要する際の塔婆は故人1人に付き、1本が原則ですが、特に複数禁止というわけではありません。
年忌法要の場合、故人の位牌がある場所に住職に来てもらいます。
そして、まず読経をして供養した後、無地の板塔婆に住職が、梵字で空、海、火、水、地と書き、その下に戒名を筆入れします。
現在は、筆が苦手な住職のために板塔婆にそのままプリントアウトできるプリンターも開発されています。
そして、その板塔婆を持って、故人の眠るお墓の後ろに、塔婆建てがあるので、そこに板塔婆を立てて、あらためて故人を偲び供養します。
なお、板塔婆はすぐには片付けないで、しばらくそのままにしておき、翌年の彼岸以降に片付けて終了です。
このように塔婆供養は儀式としては大変簡単なものですが、死者の供養のための儀式としては大変重要なものです。
遺族にとっては、故人が13回の年忌法要を経て、解脱し、無事極楽浄土に到着すれば祖霊となります。
無事祖霊となって一族を見守って欲しいという願いが、塔婆法要には詰まっているのです。
年忌法要を開催するのは大変なエネルギーを必要としますが、できるだけ開催したいものです。
いつかはみんな亡くなってしまうのですが、少しでも長く生きるために今からでも若返り効果や健康へ効果的な成分を補給し始めてください。

こちらで紹介されているコエンザイムQ10は抗酸化作用があり、美容と健康にとても良い成分になってます。

Copyright(c) 2013 お参り.com All Rights Reserved.