墓画像

墓地における多種多様な埋葬方法


人間が亡くなってしまった場合、その遺骸は霊園などに埋葬をされることとなります。
この『埋葬』と呼ばれている儀式は何万年も以前からずっとおこなわれているものであり、もちろん現在でも、万国共通にどこの国であっても、どこの地域であっても、同じようにおこなわれている儀式となります。
それでは、どうしてこの『死者を埋葬する儀式』がこれほど一般的なものになったのでしょうか。
理由は何点かあります。
たとえば、『故人に対して敬意を表して、遺体を丁重に葬ることで、その故人が死後の世界でも安らかに生活をしていくことが出来るようにしてあげる』とか、『遺体がそのままの野ざらしの状態では、見栄えも悪く、衛生面でも良くない』といった理由を挙げることが出来ます。
このような理由をバックグラウンドとして、死者が発生をした場合、『埋葬』という儀式は一般的となっていったのです。
この『埋葬』の方法には確かな決まりが無いため、属する国家や地域や宗教が異なれば、埋葬の方法も大きく異なってきます。
また、近年では新しい埋葬の方法も登場をしてきています。
今回は各種の埋葬方法についてご紹介していきますので、遺体の埋葬の際に是非参考にしてみてください。
まずは『火葬』という埋葬の方法です。
この方法は遺体を焼却し骨のみの状態にしてしまい埋葬をする方法となります。
日本では一般的な埋葬の方法ですが、海外では宗教上の理由で禁止をしている地域もあります。
次に『土葬』という埋葬の方法です。
この方法は遺体を焼却などせず、そのままの状態で土中に埋葬をするという方法となります。
実は日本においてこの『土葬』による遺体の埋葬は、法律で禁止をされているわけではありませんので、一部の地域では『土葬』による埋葬が一般的におこなわれています。
次に『樹木葬』という埋葬の方法です。
この方法は埋葬をした場所に墓石ではなく樹木を植えるという方法となります。
この『樹木葬』はかつては墓石を買うことが出来ないような人たちが利用をしていましたが、近年では安らかに自然にかえる事が出来るという理由で注目を浴びている埋葬方法となります。
これらの方法以外にも『散骨』という自然の中に遺骨を撒く方法や、『ロケット葬』というバルーンやロケットで遺骨を打ち上げて宇宙空間に遺骨を撒くという葬送方法もあります。
このように遺体の埋葬方法は様々です。
故人の希望の埋葬方法をとることも一つの大事な供養となるのかもしれません。
こちらにはお墓を建てるのにかかる期間と費用について解説されているサイトがあります。
現在、お墓を建てる土地が不足している状態だと言われています。
そのため、生前に自分のお墓を作っておく方もいるようです。


Copyright(c) 2013 お参り.com All Rights Reserved.