墓画像

『公営霊園』について


故人の遺骨を埋葬する『霊園』は全国各地にたくさん存在をしていて、それらには様々な種類があります。
代表的な『霊園』としては、地方自治体が主体となって運営をしている『公営霊園』と、宗教法人や公益法人が主体となって運営をしている『民営霊園』と、寺院が主体となって運営をしている『寺院墓地』があります。
もちろん、墓地に遺骨を埋葬せずに自宅に保管をしたり、あるいは山や川など自然に遺骨を撒いて供養をするという『散骨』をする場合もありますが、一般的にはこれらの中から、希望に見合った埋葬場所を選択することとなります。
しかし墓地の購入には使用料以外にも石の代金や各種法要の費用やその後の管理費など多額のお金が掛かってしまいます。
通常単価としては優に百万円を超過してしまうほどの金額となります。
ですから、購入の際に多くの人が持っている希望は、やはり出来うる限り費用を安く抑えて予算内でおさめたいという点になります。
それでは各種の『霊園』の中でどの『霊園』が最もコスト面で有利なのでしょうか。
一般的には『公営霊園』が最も費用を安く済ませることが出来ると言われています。
それでは、この『公営霊園』にはどのような特徴があるのでしょうか。
『公営霊園』の最大の特徴は費用面で最も優位性があるという点です。
『民営霊園』は公営霊園と比較をすると料金は割高となりますし、『寺院墓地』は利用の際に『檀家』となることを求められることが多くなりますので、通常の使用料以外にもお布施や護寺会費などが発生するケースがあります。
その他の特徴としては、比較的市街地に所在をしているものが多いので、必然的に交通の便が良いものが多くなります。
このように利用者にとって利便性の非常に高い公営霊園ですが、注意点がいくつか有ります。
まずは、申込の際に一定の資格条件があるという点です。
たとえば『現住所がその地方自治体にあること』や『遺骨が既に手元に存在をしていること』や『承継者が明確に存在をしていること』などがあります。
次の注意点は人気が非常に高いという点です。
特に都市部では需要と供給のバランスが取れておらず、一部の『公営霊園』では満員状態となっており、新規で募集を実施していないようなところもあります。
また、募集をおこなっていたとしても倍率は非常に高く、数十倍の競争率になってしまうこともあります。
このように非常に魅力的な公営霊園ですが、空きが出ればすぐに埋まってしまう可能性がありますので、常に広報誌などをチェックして、募集などしていないか確認をしておくようにした方が良いでしょう。

Copyright(c) 2013 お参り.com All Rights Reserved.